HOME > ナビーゴ > カーナビのワンセグ

カーナビのワンセグ

ワンセグについて

手軽に地上波デジタル放送をワンセグという形で受信できる時代になり、 トーカ堂・カーナビ「ナビーゴ」にもワンセグメントデジタルチューナー+外部ワンセグアンテナが搭載され、 自動車の車内でもワンセグで放送される番組やコンテンツが楽しめるようになりました。 ここではワンセグについてご紹介します。

ワンセグとは

ワンセグとは2006年12月に始まったサービスで、地上波デジタル放送を携帯電話や携帯機器で見られる放送のことをいいます。 地上波デジタル放送では50のチャンネルに分けています。 その1つのチャンネルが13のセグメントに分かれた構造となっており、ハイビジョン放送を12セグメント、標準画質放送には4セグメント割り当てられています。 モバイル端末(携帯電話など)向けの放送には1セグメントを割り当てられています。 このことにより「1セグメント」を略して「ワンセグ」と呼ばれています。

ワンセグを楽しむ方法

地上波デジタル放送のサービスの中に「データ放送」があります。 画面で天気予報や交通情報などを、見たいときに表示させることができます。 ワンセグにも「データ放送」があります。 例えばワンセグで放送された料理番組で、紹介されたレシピの材料と詳しい作り方の情報がいつでも見ることができ、 震源地や各地域の震度や津波情報を速報で見ることもできます。 自動車の車内でも、時間を気にせずに最新情報を楽しむことができます。

ワンセグを高画質、高音質で視聴

トーカ堂・カーナビ「ナビーゴ」には外部TVアンテナ用端子が搭載されおり、 外部ワンセグアンテナを接続することで電波をより高感度に受信できます。 山間部などの弱電波地域でも高画質、高音質な地上波デジタル放送が視聴できます。